1. クラスTシャツ

おすすめのクラスTシャツについて

先生の似顔絵も?

2016年04月22日 20時01分

クラスの総指揮をとってくれ、みんなを導いてくれる存在である担任教師。
クラスTシャツにクラス名を入れたりお気に入りのデザインを入れたりするのは当たり前のことです。
しかしい、そんなTシャツに先生の似顔絵を入れてみるのはどうでしょうか?
普段お世話になっている先生を可愛い似顔絵にして、Tシャツのデザインにすることもあります。


特にみんなから親しまれている先生の場合は、
出来上がったTシャツを見て盛り上がること間違いなしです。
似顔絵の出来を見るだけみんながハッピーになれますし、それだけでもよい思い出です。
同じクラスの同じ担任を持つ仲間にしかわからないこともあるかと思いますが、
そのTシャツがあるだけで、さらに仲間同士の一体感が強くなるはずです。
 
先生の似顔絵を入れてしまったら、そのほかの文言が入れられないということはありません。
似顔絵と一緒に、クラスメイト全員の名前を入れたりすることも可能なのです。
先生の似顔絵とクラス全員の名前を入れることで、
自分も仲の良いクラスの一員だったんだという思い出があとからよみがえるでしょう。
 
しかし、そんな似顔絵やクラス全員の名前を入れるなんて難しいと感じる方もいらっしゃいます。
クラスでやってしまうこともできますが、業者に依頼すればすべてがスムーズに進みます。
一見難しそうな作品ですが、業者に制作依頼を出せばおしゃれできちんとしたものが出来上がります。

自作も味があってよいですが、クオリティの高いものを作りたいという方は
一度業者に相談してみるとよいと思います。
オリジナリティーをそのまま保ちつつおしゃれなTシャツが出来上がるはずです。
 
Tシャツの素材によっては、すぐにダメになってしまうようなものも存在します。
しかし、業者に依頼すれば素材の作り自体がしっかりしていますので、劣化しにくいです。

実際に、イベントが終わった後でも普通に着こなすことができるのではないかと思います。
Tシャツは男女関係ないですし、どのようなボトムスにも合うため便利です。
 
卒業後は、クラスのメンバーがバラバラになってそれぞれが別の道に進むことになります。
しかし、クラスTシャツがあればそれだけで熱い思い出がよみがえります。
また、クラスTシャツを話題に再び盛り上がることもできるのではないかと思います。
 
イベントの時の仲間意識やモチベーションを高めてくれるだけではなく、
あとからイベントを振り返ってみて思い出により残りやすいのがオリジナルTシャツなのです。
貴重な学生の時間の思い出には、お金にできない価値が存在します。
そんな思い出を作るためにも、クラスTシャツを作成してみましょう。